日本一のたけのこ所、福岡県八女市から、朝掘りの新鮮たけのこを産直、通販でお届け(お取り寄せ)

たけのこの美味しい食べ方

八女農園の朝掘りたけのこ。ちゃんと下処理をして、最高の状態で食べてもらえれば嬉しいです♪
ここでは、たけのこを美味しく食べる為の下処理をご紹介します。

八女農園のたけのこの湯がき方!

八女農園のたけのこは、まず最初に皮を全てむき、縦に半分に切った後、鍋に入る適当な大きさに切って鍋に入れて湯がきます。
米ぬかや赤唐辛子を入れる必要はありません。
※湯がくときは、沸騰してからではなく、水の状態から湯がいてください。
※皮をむくタイミングは、湯がく前後、どちらでもかまいません。

40分から1時間湯がいたら、根っこの部分に串などを刺し、柔らかくなっていればOKです。
ゆで汁につけておく必要はありません。すぐに冷水で冷やしてください。

普通は、下の写真の方法で湯がくのが一般的なのですが、八女農園のたけのこは、このような湯がき方でも十分美味しく頂けると思います。ぜひ、お試しください。

準備するもの

たけのこ、米ぬか、赤唐辛子の写真
  • たけのこ ・・・ 適量
  • 米ぬか ・・・
    たけのこを茹でる為の水1Lあたりカップ半分程度
  • 赤唐辛子 ・・・ 1~2本
    (八女農園のたけのこなら、無くても大丈夫です)
  • 大きめの鍋

1.たけのこを洗って皮をむきます

たけのこを水洗いし、外側の皮を2〜3枚はがします。

たけのこを水洗いしている写真 たけのこの皮をむいている写真

2.穂先を斜めに切り、真ん中に切り込みを入れる

たけのこの穂先を斜めに切り落とします。

たけのこの穂先を斜めに切り落とす写真

真ん中に写真のように切り込みを入れます。(深さは1cmほど)

たけのこの真ん中に切り込みを入れる写真

大きくて鍋に入らない場合は、縦に半分に割って湯がいてもOKです。

たけのこを半分に切った写真

3.鍋に入れて米ぬかと赤唐辛子を加え、水をそそぐ

たけのこを大きめの鍋に入れ、米ぬかと赤唐辛子を入れます。
※米ぬかは、たけのこを茹でる為の水1Lあたりカップ半分程度が目安です。

大きめの鍋に、たけのこ、米ぬか、赤唐辛子を入れた写真

水をそそげば準備完了。

鍋に水をそそいだ写真

4.火にかけてゆでる

たけのこが浮いてこないよう、落し蓋をして沸騰するまで火にかけます。
※たけのこが浮いてこなければ良いので、落し蓋はお皿などでも大丈夫です。

落し蓋をして、たけのこをゆでている写真

沸騰したら弱火にして、1時間ほどゆでます。

時間がきたら、たけのこの太い部分に竹串を刺してやわらかければOKです。火をとめて下さい。

たけのこに竹串を刺して柔らかさを確認している写真

八女農園のたけのこであれば、冷めるまで待たず、すぐに冷水で冷やします。
意外に思われるかもしれませんが、これで十分美味しく食べられます。

※時間に余裕があれば、冷めるまでゆで汁につけたままで待てば、味が浸みこんでより美味しいと思います。

ゆで汁につけて冷めるのを待っている写真

5.皮をむき、米ぬかを洗い落とす

手でたけのこの皮をむきます。
穂先先端の白くて柔らかい皮は姫皮といって食べられます。和え物や味噌汁などにすると美味しいですよ。

たけのこの皮をむいている写真

米ぬかを洗い落とします。

米ぬかを洗い落としている写真

完成!

これでたけのこの下処理は完成です!

下処理の終わったたけのこ

ちゃんと下処理ができていれば、たけのこご飯やてんぷらなど、何にしても美味しいですよ。
八女農園のたけのこなら、刺身にしてもGoodです♪

たけのこの刺身

春を感じるたけのこ料理!
ぜひ美味しく食べてください。

私達家族は、皮をむいて湯がいた後に、穂先部分と姫皮を刺身でいただきます。
酢味噌、からし味噌、わさび醤油などで食べると最高ですよ♪

補足:保存する時は

タッパーやボウルに水を入れて冷蔵庫で保存しましょう。
毎日水をかえてやれば、5日~1週間くらいもちます。

タッパーにいれたたけのこ

上へ